風、空、きみ

talk to myself

MAN OF STEEL

leave a comment »

スーパーマン。もともとクリストファー・リーブのときから真面目なヒーローすぎて好きじゃなかったんだけど、今回はダークナイトのクリストファー・ノーランが製作・原作でネクラなイメージがあったので観てみた。するとそのとおりだった。あまりにネクラ。ネクラは嫌いじゃないからまぁいいけど文化の進んだクリプトン星人同士の戦闘シーンが肉弾戦のみ。まったく知性が感じられない。そしてスーパーマンになってから救うのはいちばん最後の家族以外はみんな知り合いのみ。ビルも壊しまくるし、これじゃあみんなから嫌われるだろうに。ただ、ダイアン・レインはよかったです。
515xC-mf7GL._SL500_AA300_

Written by ken1

2013/12/22 @ 18:59

カテゴリー: cinema

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。