風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #331

leave a comment »

 桜の花が、所々に咲いていた。
 昨日までの陽気とは打って変わって、革ジャンのジッパーを止める必要がある。
 まだ花冷えと言うほどには桜は咲いておらず、まずは三寒四温なんだろう。
 きみは咲いている桜に近づくと、iPhoneを取り出し写真を撮り始める。
 友だちの誰かに春を教えてあげるのかな。
 ぼくはそんなきみにピントを合わせてパシャリと1枚。
 レンジファインダー機の小さくも小気味よい音がぼくを満足させる。
「もしもし」
 はいはい、何でしょう。
「盗み撮りだけじゃなくて、桜をバックにちゃんとわたしを撮ってよね」
 そうだよね。
 これからの一ヶ月、桜をバックに何枚のきみを撮るのだろう。
 いつものようにその中の何枚かが印刷される。
 その中の1枚が今日の写真なんだよね。
 はい、ポーズっ。
 きみの笑顔の後ろで、桜の花が小さく揺れていた。

Written by ken1

2014/03/23 @ 12:05

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。