風、空、きみ

talk to myself

Archive for 6月 2014

きみのもしもし #345

leave a comment »

「もしもし、PKまで来ちゃったよ」
 ソファで観戦していたぼくをきみが揺する。
 きみは珈琲片手に起きていたんだね。
 ぼくはと言えば、ソファに座って赤ワインを飲んでいたはずなんだが。
 仕切り直しで赤ワインを継ぎ足し、ソファから椅子に移動する。
「延長戦、どんなだった?」
 きみはクスクス笑っている。
「何度も起こしたんだから」
 みんな有らん限りの力を振り絞っていたわよ、ときみが続ける。
 きっと記憶に残る試合になるんじゃないかと。
 ぼくは不覚にもこの30分の記憶がない。
「お酒飲んでるからよ。だから珈琲にしなさいって言ったのに」
ーいやいや、この赤ワインはチリ産だから飲み干さないと。
ーうぅん、ブラジル産の珈琲のんで応援するのよ。
 そしてPKは最後のキッカーとなった。

Written by ken1

2014/06/29 at 19:58

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #344

leave a comment »

 この島の空は青い。まだ夏にはなりきっていないだろうに。
 その島の海も青い。淡い青さが沖の方まで続いている。
 そして雲はもくもくと夏雲の様相を呈している。
 そして夜は暗い。宿には懐中電灯が用意してあった。
 懐中電灯を頼りに部屋から出てみる。
 夜空を見上げてしばらくすると、暗闇になれてきた目にあきれるほどの星たちが飛び込んでくる。
 言葉もなくじっと見つめていると、北斗七星が見えてくる。その先にあるのは北極星か。
 その他にもたくさんの星座が広がっているのだろうけど、それ以外の星座は分からない。
「もしもし、見えた?」
 そんな中、きみがぼくをつつく。
「ほら、また」
 きみの指差す夜空には流れ星までが見えたらしい。
 いっこうにぼくには見えない流れ星。
 一個くらいは見たかったな。

Written by ken1

2014/06/25 at 20:28

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #343

leave a comment »

 梅雨に入っているなんて、微塵も感じさせない今日の天気。
 風は通るのだけれども、リビングに居るのも暑く感じ、奥の部屋で横になっていた。
 奥の部屋の窓から入ってくる風がぼくの頭から足下へ流れ、リビングにつながって行く。
 天井を見つめながら、この週末のきみとのやりとりを思い出してみる。
ーたしか電話したよなぁ。
 そう思いながら発信履歴を表示してみる。
ーこりぁ失礼な時間に電話をしたもんだなぁ。
 ただ通話時間の履歴がないから、きっときみは熟睡しきっていて電話に気づかなかったんだろう。
 まったくお酒飲みの記憶なくしには、我ながら困ったものだ。
 そして今、リビングにあるインターフォンがピンポンとなった。
 ぼくにはこのピンポンが「もしもーし」と聞こえるから不思議なものだ。
 さてと玄関できみを迎えてあげよう。
 きっとお散歩の誘いなんだろう。
 アルコールの抜け始めた頭でぼくはもそもそと立ち上がる。

Written by ken1

2014/06/15 at 18:03

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #342

leave a comment »

ーエキナカでね、ワインを飲んでるの。
 帰宅途中にきみからメールが飛び込んできた。
 今日はこのあとどうしても用事があるし、
 そのエキナカのある駅で途中下車するわけにもいかない。
ー誰もそんなこと頼んでないわよ。
 きみはさらりと返事をくれるが、メールの文字だけでは本心は読み取れない。
 電車を降りてきみに会いたい気持ちは十分にあるのだけれど、
 今日ばかりはどうにもならない。
ー分かってるって。
 ますますきみに会いたくなるじれったいぼくがいる。
ーもしもし。これはわたしの時間なの。だから大丈夫だよ。
 そうこうしてる間に、きみのいるエキナカのある駅で電車のドアが開いた。
 今度、一緒にエキナカで飲むか。
ーまたひとつ、一緒に行くところが増えたね。
 約束がひとつずつ増えて行く。
 少しずつでも約束を果たさないと、そろそろ愛想を尽かされるかな。
 そして電車はぼくを乗せたままドアを閉めた。

Written by ken1

2014/06/08 at 03:25

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #341

leave a comment »

 本を読んでいた。
 部屋の窓を開け、ベッドに横たわり、タオルケットを軽くお腹に掛け、
 読みかけの本を読んでいた。
 何時間前から読んでいたんだろう。
 気がつくと僕の両手は本を持ったまま、胸の上にあった。
ーもしもし、どうしたの?
 ん、ちょっと熱っぽくてさ。窓開けて本読んでた。
 そんなのだめだよ、ときみが顔を横に振る。
 そっかぁ、だめかぁ。素直にきみの言う事を聞こうと思った。

 次に目が覚めると、窓は閉まっていた。
 でもカーテンだけは開いたまま。
 きみの姿はないし、来た形跡もなんとなく感じられない。

 きみが来てたのは夢だったのかなぁ。
「さぁ、どうでしょうね」
 ぼくは不思議な気分できみに電話してみた。
「でも、まだ鼻声だよ」
「明日は会うんだからがんばって治しといてね」
 了解。
 水分を補給しようと冷蔵庫を開けると、
 そこにはきみの手作りの夕食が入っていた。

Written by ken1

2014/06/01 at 16:24

カテゴリー: kiss

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。