風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #341

leave a comment »

 本を読んでいた。
 部屋の窓を開け、ベッドに横たわり、タオルケットを軽くお腹に掛け、
 読みかけの本を読んでいた。
 何時間前から読んでいたんだろう。
 気がつくと僕の両手は本を持ったまま、胸の上にあった。
ーもしもし、どうしたの?
 ん、ちょっと熱っぽくてさ。窓開けて本読んでた。
 そんなのだめだよ、ときみが顔を横に振る。
 そっかぁ、だめかぁ。素直にきみの言う事を聞こうと思った。

 次に目が覚めると、窓は閉まっていた。
 でもカーテンだけは開いたまま。
 きみの姿はないし、来た形跡もなんとなく感じられない。

 きみが来てたのは夢だったのかなぁ。
「さぁ、どうでしょうね」
 ぼくは不思議な気分できみに電話してみた。
「でも、まだ鼻声だよ」
「明日は会うんだからがんばって治しといてね」
 了解。
 水分を補給しようと冷蔵庫を開けると、
 そこにはきみの手作りの夕食が入っていた。

Written by ken1

2014/06/01 @ 16:24

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。