風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #344

leave a comment »

 この島の空は青い。まだ夏にはなりきっていないだろうに。
 その島の海も青い。淡い青さが沖の方まで続いている。
 そして雲はもくもくと夏雲の様相を呈している。
 そして夜は暗い。宿には懐中電灯が用意してあった。
 懐中電灯を頼りに部屋から出てみる。
 夜空を見上げてしばらくすると、暗闇になれてきた目にあきれるほどの星たちが飛び込んでくる。
 言葉もなくじっと見つめていると、北斗七星が見えてくる。その先にあるのは北極星か。
 その他にもたくさんの星座が広がっているのだろうけど、それ以外の星座は分からない。
「もしもし、見えた?」
 そんな中、きみがぼくをつつく。
「ほら、また」
 きみの指差す夜空には流れ星までが見えたらしい。
 いっこうにぼくには見えない流れ星。
 一個くらいは見たかったな。

Written by ken1

2014/06/25 @ 20:28

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。