風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #345

leave a comment »

「もしもし、PKまで来ちゃったよ」
 ソファで観戦していたぼくをきみが揺する。
 きみは珈琲片手に起きていたんだね。
 ぼくはと言えば、ソファに座って赤ワインを飲んでいたはずなんだが。
 仕切り直しで赤ワインを継ぎ足し、ソファから椅子に移動する。
「延長戦、どんなだった?」
 きみはクスクス笑っている。
「何度も起こしたんだから」
 みんな有らん限りの力を振り絞っていたわよ、ときみが続ける。
 きっと記憶に残る試合になるんじゃないかと。
 ぼくは不覚にもこの30分の記憶がない。
「お酒飲んでるからよ。だから珈琲にしなさいって言ったのに」
ーいやいや、この赤ワインはチリ産だから飲み干さないと。
ーうぅん、ブラジル産の珈琲のんで応援するのよ。
 そしてPKは最後のキッカーとなった。

Written by ken1

2014/06/29 @ 19:58

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。