風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #349

leave a comment »

 スマホの画面に熱中症注意報が表示された。警報から注意報に格上げされた様子。
 それは、屋外の運動は控えましょうから無用な外出は避けましょうに変わったってことかな。
「もしもし、涼しくしてあげる」
 スマホの画面から顔を上げる間もなく、
 きみは後ろからぼくの首筋にひんやりとしたものをくっつける。
ーひぇっ。
 ぼくはシャレにもならない声を上げた。
「ねっ涼しいでしょ」
 きみはレジで受け取ってきたアイスコーヒーにストローを突き刺し、
 一気に三分の一くらい飲み干した。
「もう少しここに居た方が良さそうなんでしょ」
 視線をスマホに移しながら、きみはぼくの前に座る。
 そうだね、もう少しここに居ようか。
 かなり混んできたこのカフェで、ぼくらはもう少し涼んで行く事にした。
 

Written by ken1

2014/07/27 @ 22:58

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。