風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #360

leave a comment »

 台風がまだ来ないので、まったりと本を読んでいる。
 幼い頃の台風の記憶はお店の看板が窓の外を飛んでいたこと。
 浸水や土砂崩れの記憶はない。
 最近はどうなっちゃってるんだろう。
 本を傍らに置き、外を眺めてみる。
 まだ風らしい風も、雨らしい雨も始まらない。
「もしもし、珈琲いれよっか」
 まったりとしていたきみも、なんかまったり感に疲れた模様。
 新しい豆の袋を開け、グラインダーに豆を入れる。
 からんからんと音が聞こえたかと思うと、
 ガガガガガと豆が挽かれる音がする。
 すでに良い香りだ。
 まだここいらには台風は来ていない。
 ここかしこ出来るだけ被害が少なく済みますように。
 でも、あのとき見えた看板はどこまで飛んで行ったんだろう。
 同時にふとそんな事を思った。

Advertisements

Written by ken1

2014/10/13 at 19:33

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: