風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #362

leave a comment »

「一緒にジョギングしませんか?」
「うーん、気が向いたらね」
「いつ気が向くの?」
「なかなかいい質問だね」
「ちゃかさないのっ」
 毎年この季節になると、きみと繰り返されるこのやりとり。
 そして毎年、ぼくの気は向かない。
ーもしもし、今年はどうしますか。
 でもきみはなかなか諦めない。
ー公園のね、ジョギングコースも楽しいんだよ。
 そしてジョギングコースから見える景色をメールで送ってくれる。
ーねっ、季節感もあるでしょ。みんなも楽しそうでしょ。
 きみの言うことはいつも正しいんだけどね。
 だけどぼくは走るのは苦手です。
ー歩いたっていいんだからさ。
 うーん。
 やっぱり今年もまたぼくはジョギングをしない。
 また来年も誘ってください。
ー知りません。
 きみから「あっかんべー」の写真が届いた。

Advertisements

Written by ken1

2014/10/27 at 00:22

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: