風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #365

leave a comment »

 きみもこのお店に来るだろうと踏んでいた。
 そしてその通り、きみも顔を出すから面白い。
 ぼくはお店のひとではないのだが、
 つい「いらっしゃい」と口にする。
 そんなぼくにきみは一瞥をしただけで、
 お店の奥にかかっているバッグに近づく。
 バッグを三つほど取っ替え引っ替え肩からかけてみて、
「もしもし、そこのおにいさんっ」
 きみはひとつのバッグをぼくに手渡す。
「早めのクリスマスプレゼント、これでいいよ」
「先月もそんなこと言ってなかった?」
「先月はハロウィーンでしょ」
「毎月何かあるんだね」
「来月はほんとのクリスマス」
「じゃこれは?」
「今言ったじゃん、早めのクリスマス」
 ぼくにはそのふたつのクリスマスの違いがちゃんと理解できないのだが、
 そんなぼくにお構いもなく、きみはぼくにそのバッグを手渡す。
 なんだかなぁ、なんか狐につままれてる感じ。
 そしてきみはすでに左の壁に掛かっているコートに手を伸ばしている。
 うーむ、ますます、なんだかなぁ。

Advertisements

Written by ken1

2014/11/24 at 00:35

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: