風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #368

leave a comment »

「夜にすこーしだけ遠出しない?」
「どこまで行くの?」
「昼間は知ってても、夜だと知らない、そんなところ」
 ちょっとそそられる、その言い回し。
 最近は週末の夜に出歩くことがめっきり減っている。
 学生の頃は夜によく出歩いていたなと思う。まぁあの頃は曜日なんて存在しなかったか。
 たまに、そうだね、そんなワクワクがあってもいいよね。
「お目当の店とかあるのかな」
「あるけど、予約なんかはいいの」
「せっかくだったら予約すればいいのに」
「入れればいいなって感じがいいのよ」
「入れなかったら?」
「そのときはそのときで、ふらふらしましょっ」
 それもまた楽しいね。
 ところでどこに行くのだろう。
「ねぇ、ところで」
「もしもし。あなたは何も聞かない。わたしは何も言わない」
 そしてきみはぼくに待ち合わせの場所と時間を告げた。
 ミステリアスな週末の夜の始まり始まり。

Advertisements

Written by ken1

2014/12/14 at 19:08

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: