風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #369

leave a comment »

 いつ以来だろうか。
 きみとふたりでバーにいる。もちろんカウンター。
 そして、それも週末のこんな時間。
 すでにさっきのお店でほろ酔い加減のきみは、
 何か話題が変わるたびに、ぼくの右腕をつつく。
「もしもし、それいいじゃん」
「もしもし、何考えてるの?」
「もしもし、素直に喜びなさい」
 都度都度つつく必要もないし、
 都度都度いつもの言葉を出す必要もないのにね。
 でもきみの目尻は下がり、少しだけシワができる。
 もちろん口角は上がり、ほっぺたまで楽しそうに笑っている。
 そろそろ終電かなってタイミングで、きみはぼくを覗き込んできた。
「なにかな?」
「もしもし、何でしょう?」
 それはぼくのセリフのはずだけど。
「おかわりっ」
 時間は関係ないみたいだね。
「もう一杯だけ。ね、ちょうだい」
 明るい酔っ払いは、それはそれでいいっか。
 ぼくの好きなドライマティーニのオンザロック。
 きみの口にも合ったようだし。

Advertisements

Written by ken1

2014/12/21 at 23:57

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: