風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #372

leave a comment »

「少し休もうと思う」
 きみはぼくの顔を覗き込む。
「いいと思うよ。きっとね、」
 そこできみは笑顔を見せる。
「きっとあのとき、人生のハーフタイムを取ってよかったって思う日がくるからさ」
 そして顔を近づける。
「わたしが言うんだから間違いないよ」
 息がかかるくらい近づける。
「もしもし、わたしの言うことを信じなさい」
 そうだね、今までもきみに応援されてきたね。
 ぼくはそのきみの応援にいつも励まされてきたんだものね。
「じゃっ少しだけ羽根を伸ばすよ」
「うぅん、たっくさん羽根を伸ばしていいんだよ」
 きみは優しく頷いた。

Written by ken1

2015/01/12 @ 01:31

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。