風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #374

leave a comment »

 自分の笑った顔がどんなものか気にしたこともなかった。
 どんな顔で笑っているのか、どんな仕草が癖なのか。
 ただ自分が撮られるのがかなり苦手で、人を撮ってばかりいる。
 じゃあ人物写真、ポートレートが得意かと言うとそんなこともなく、
 風景の中のひとつのパーツとして人がその中にいる。
 そんな写真を撮ろうとしている。
 そして人との会話が得意でない自分をカムフラージュするためにも、
 シャッターを切り続けていたりもする。
 だから、自分が写っている写真の数は極端に少なく、
 ましてや本気で笑っている顔なんてまず残っていない。

「もしもし、小難しいことぶつぶつ言ってないで、これ見てごらん」
 きみがディスプレーいっぱいに昨夜の写真を開く。
 そこにはぼくが見たこともないようなぼくがいる。
「すっごい楽しそうだよ。とってもいい笑顔だね」
 きみがまた一枚めくる。
「ほら、こんなに目が細くなって。ほら、こんな口が大きくなって」
 きみはひとつひとつそれを指で指し示す。
「こんな顔、わたしにも見せたことがないでしょうに」
 ちくりと言っても、きみもほくそ笑んでいる。
 ぼくはぼくでまるで他人の顔を見ているような気がしてる。
「何をこんなに笑っているのかしらねぇ」
 そうだね。何なんだろうね。
 ぼくは映し出されたもう一人のぼくに問いかける。
 笑うって簡単なのかな、難しいのかな。
 その笑顔がいつも出せるといいのにね。
 きみはまた一枚写真をめくる。
 

Advertisements

Written by ken1

2015/01/25 at 17:33

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: