風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #375

leave a comment »

「これから会いに行くんだよね」
 きみが少し神妙にしているぼくのために珈琲を入れてくれる。
 ぼくはきみに目をやり、静かに頷く。
 ずっと以前、結構交流あってさ。
 目の前に置かれた珈琲から立ち上がる湯気に視線を移す。
 いつからかなぁ、交流が減って。
 気づいたらもういなくなってたんだよね。
「今日は何人集まるの」
 みんないろいろあるから結局全部で7名かな。
「仲良しさんばっかりでしょ」
 うん、そうだよ。
「それだけほんとの仲良しが集まってくれるって幸せだよ。もしもし」
 うん?
「笑顔で行かないと。友だちもきみの笑顔を待ってるよ」
 そうだね。
 手元に準備した数珠を見ながら、
 きみが入れてくれた珈琲を口に運んだ。

Written by ken1

2015/02/01 @ 12:42

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。