風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #377

leave a comment »

 チョコが宅配便で届く。
 見知らぬ差出人。
 ここの住所を知っている、と言うことは、
 ぼくがこのひとを思い出せないだけなのか。
 現実感のない不思議な感覚に包まれたまま、箱を開く。
 中にはメッセージカードが入っていた。
ー本命の人ができるまで、チョコを贈っても良いですか。
 読みようによっては、意味深すぎるメッセージ。
 贈ってもよいかと尋ねながら、すでに送ってきているし。
 頭がクラクラし、たどろうとする記憶も心もとない。
「もしもーし。どなたですか、その方は?」
 ぼくの代わりに宅配便のお兄さんに捺印したきみが覗き込む。
「うーん、わからない」
「そんなこと、ないでしょ」
 きみは冷ややかな笑みを浮かべている。
「ちゃんと思い出してあげなさい。失礼よ」
 そう言われてもなぁ。
 もっとわかりやすいメッセージにしてくれないかなぁ。
 バレンタインのちょっとした?ハプニング。
 さてと、どうしたものかしらん。

Advertisements

Written by ken1

2015/02/15 at 22:33

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: