風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #383

leave a comment »

 きみに腕を組まれたのは何年ぶりだろう。
 夜桜を見た帰り、ほろよい気分のきみはぎゅっと腕を組んできた。
 ぼくは振り返りもせず、きみが組んできたぼくの右腕の脇を締める。
 そうすることで、きみの腕の感触が確かなものになる気がした。
 そしてふたりしてふらふらと坂道を登る。
 たまには腕を組むのもいいかも。
 きみの髪の香りを感じつつ、そう思った。
「もしもし」
「なにかな」
「変なこと考えてないでしょうね」
 きみが意味深に笑っている。
 夜桜と満月。
 さてとどうしましょうかね。

Advertisements

Written by ken1

2015/03/29 at 18:15

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: