風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #384

leave a comment »

ー行って来なよ。そこから近いじゃん。
 久しぶりにのんびりと一人都内を歩いていると、きみからLINEが入ってきた。
ー平日の昼間、人が少ない時間帯ににゆっくり桜を見れるなんて、そうないよ。
 一人で花見もなんだかなぁ。
 いつもはきみと一緒に行っていたから、一人で行くのがなんとなく想像できない。
ーたぶん都内は今日が一番よい日だと思うし。
 そんなやりとりをしながら、いつもきみと行く桜並木に近づく。
 おや?もう桜吹雪が始まってる。
 たくさんの白い花びらが本当に小雪のように舞ってぼくを包む。
 足を止め、じっと桜の木々を見上げてしまう。
 本当に儚いんだな。
 知ってはいたけど、あらためて言葉が口につく。
ーもしもし、明日京都に桜を観に行かない?
 そしてきみからの唐突な誘い。
 そうだね、次は京都の桜が見頃になりそうだね。
 散り始めたここの満開の桜の写真とともに、きみに返事を送る。
 明日の朝は早そうだ。

Advertisements

Written by ken1

2015/04/05 at 17:45

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: