風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #391

leave a comment »

 テレビを観ながら、きみが自慢げにぼくに話しかけてくる。
「最近、珈琲ってさ、流行りになってるよね」
 昨夜のとある番組でも、出演していた女優さんが珈琲にはまっていると言っていた。
 今もこだわりの珈琲を淹れるカフェの特集が流れている。
 珈琲が旬っぽいのはわかるけど、なんできみがそんなに自慢げなんだろう。
「半年前のお話です」
 ・・・。
「半年前、わたしは言いました。珈琲に関する習い事に行こうかなと」
 ・・・。
「きっとわたしは予見していたのよねぇ」
 ・・・。
「もしもし、すごくない?」
 そうだね、すごいね。大したものだね。
 でも、結局きみはその習い事には行かなかった。
 なんてことは口にしないことにしよう。
 代わりに、珈琲淹れようか。と、ぼく。
 うぅん、わたしが淹れるわ。と、きみ。
 そうだね、今日の珈琲はきみにお願いすることにしよう。
 うん、そうしよう。

Advertisements

Written by ken1

2015/05/24 at 23:54

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: