風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #392

leave a comment »

 新しい夏を迎えるにあたって、最初の花火大会だとおねえさんがマイクで説明している。
 ずっと以前から一度は来たかったこの花火大会。
 その打ち上げまであと10分。
 この待ち時間が楽しいのかもね。
 きみが握ってくれたおにぎりと、途中の商店街で買ったスパークリングワイン。
 きみのカバンからはまだまだお菓子も出てくる。
「すごいね、なんでも出てくるね」
「もしもし、わたしを誰だと思っているの?」
 きみはにっこりと自慢げな笑顔を見せる。
 夜空は小雨交じり、夕方からずっと小康状態が続いている。
「おかしいなぁ、わたしが行く花火大会は全部快晴なのになぁ」
 今夜の小雨はもしかしてぼくのせい?
 苦笑いのぼくはきみとグラスを重ねる。
 そろそろだね。
 おねえさんがカウントダウンを告げる。
 きみもぼくも姿勢を正し、前方の夜空を凝視する。
 

Advertisements

Written by ken1

2015/06/01 at 01:17

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: