風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #393

leave a comment »

 やっと梅雨入り宣言が出そうだというのに、夏休みの予定はもう立てないといけない。
 遠いどこかに行くのであれば、予定を立てるイコール様々な予約を申し込むことすら必要になる。
 費用の問題だけではなく、乗りたいフライト、泊まってみたいホテル、観たい演劇と様々。
「今年はどうする?」と、きみ。
「今年も別々でしょ」と、ぼく。
 ただでさえ仕事の調整が大変なうえに、ふたりの休みを合わせるのは至難の技。
 ほんとは毎回思い出を重ねていくのが一番いいんだろうけどね。
 ふたりともそんなことは分かっているけど、だけどやっぱり別々にすごす夏休み。
 きみは東の方に行きたいと思い、ぼくは西の方に興味がある。
「もしもし、今回も旅の様子はちゃんと話して聞かせてね」
 そう、ふたり別々のところに行って、旅の様子をきちんと共有すれば、
 それはそれで二重に楽しめるんじゃないかなと、ずっとまえにきみと話し合っていた。
「FaceTimeでつなごうか」
 きみは首を横に振る。
「旅の思い出話を、あなたから聞くのが楽しいのよ」
 そしてきみはぼくと共有する旅の予定を考え始めた。

Advertisements

Written by ken1

2015/06/08 at 00:24

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: