風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #396

leave a comment »

 そうこうしているうちに、ぼくもまたひとっ飛びすることにした。
 きみは順調に旅を続けているようだし、相変わらず予定は未定だと返信が来る。
 きみの帰国を出迎えに空港まで車を走らせてもよいが、
 それもなんだか一昔前のドラマのようで、正直躊躇している自分がいる。
 それならばと、ぼくもまたこの部屋を空けることにした。
ーで、あなたはいつその部屋に戻ってくるの?
 先月はきみの時間から7時間遅れていたぼくが、
 今はきみの時間より13時間も進んでいる。
 きみを中心に考えるとそういうことだ。
ー今以上にきみとの時差を複雑にする気もないから、
 きみの時間とぼくの時間が同じになったら、
 2時間で戻ってくるよ。
ーもしもし、時差をネタにわたしの帰国を聞き出そうったって、
 まだ教えてあげないわよ。
 うーむ、この手も無理だったか。
ーでも、明日ちょっと飛んでくるよ。なので今日はもう寝ることにする。
ーそうね、わたしはそろそろランチタイムだわ。
 さてと、行きの飛行機は押さえたけれど、帰りの飛行機はどうしよう。
 たまにはそんな旅も悪くはないか。
 きみから送られてきた大きなハンバーガーを頬張るきみの写真。
 明日、似たような写真を送り返してあげることにしよう。 

Advertisements

Written by ken1

2015/07/19 at 00:30

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: