風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #404

leave a comment »

 ひさしぶりにカメラ片手に夜の街を歩いてみた。
 ISOの設定をいつもより少しだけあげて、
 手持ちの中で一番明るいレンズで、
 いつもより少しだけ引いた感じで撮りたくて、
 そんなレンズにしてみた。
 でも結局、撮っているのは行きつけのBarへの途中にあった自転車と、
 Barのカウンターからの視界が今夜の被写体になった。
「いつもと変わんないじゃん」と隣のきみ。
 いつの間にやら横に腰掛けている。
「なんでだろうね」
「冒険心が足りないんじゃない」ときみはストレートに言ってくる。
 そしてきみがトイレに立ったとき、
 ぼくはカウンター隅でマスターと話している女性客をパシャリ。
 これもひとつの冒険心?とふと思う。
「もしもし、何を撮っているのやら」
 席に戻ってきたきみが、すべてお見通しよとばかりに笑っている。
「マスター、お代わりもらえる?」
 ぼくは、きみとぼくとそしてカウンター隅の彼女のお代わりを頼んだ。

Advertisements

Written by ken1

2015/09/13 at 17:21

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: