風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #412

leave a comment »

 雨の音を聞く。
 すると雨の音以外に何も音が存在しないことに気がついた。
 今日は不思議とバスの通る音も聞こえない。
 ただ、ぽたんぽたんと雨の音だけ。
 こんな日は無理に外出もしなくて、雨の音に耳を傾け、
 昨日のこと、一昨日のこと、一昨々日のことを思い出してみる。
 そして、明日の、明後日の、明々後日の予定を考える。
 ぼくは思いついた予定を手帳に書き留めていく。
「もしもし」
 そんなぼくの様子を見て、きみが声をかけてきた。
「その予定の中にわたしとの時間はあるの?」
 もちろん。空いているところ、好きに埋めていいよ。
 ぼくはきみに手帳を手渡した。
「ずるいんだから」
 そんなことはないってば。
 きみは笑ってゆっくりとぼくに手帳を差し戻す。

Written by ken1

2015/11/08 @ 16:34

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。