風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #414

leave a comment »

 雨上がりの参道は蒸すというよりは、左右の木々に覆われて清々しく感じる。
 以前きみとここに来たのはいつだろう。
 初詣かな。成人式のときにも一緒に来た気がする。
 どちらにしても鳥居から30分以上はかかったような。
 今日はのんびり深呼吸をしながら歩いても、10分そこらで神殿に着いた。
 今、ここ。軽い気持ちできみにLINEをする。
ーめずらしいね。
 きみと来たときと違って今日は時間がかからなかったよ。
 ぼくはベンチに腰かけ、境内をゆっくりと眺める。
 今日は人影が少ない。
 ま。
 きみからの返信に「ま」があった。
ーもしもし、私はあなたとそこに行った記憶はありません。
 おや?
 今度はぼくからの返信に「ま」が必要になった。
 ま。
 確かにきみと来たんだが、きみの記憶を掘り返すキーワードが出てこない。
 こんなときはどうしよう。
 ぼくの記憶違いかもね。戻ったら今日の様子を聞かせてあげるよ。
 そして今度一緒に行こう。
 少しだけ「ま」があった。
 小さいま。
ーいいわよ。
 きっときみは上手くまとめたなと思っているんだろうな。
 そんなときのきみの口先を思い出しながら、
 ぼくは今来た道を駅に向かって歩き始めた。

Advertisements

Written by ken1

2015/11/22 at 18:29

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: