風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #419

leave a comment »

 きみに悲しいことがあったとき、ぼくはどうすればいいんだろう。
 きみはきっと十分に自分の中で消化した後で、ぼくに知らせてくるんだろうな。
ー大丈夫、心配いらないよ。
ー今日もふつうに過ごしたし、明日もふつうを続けるの。
 大切なことは、いつもきみから教えてもらってばかり。
 せめてきみが悲しいときくらいは、ぼくもその中に入れて欲しいな。
ーだって悲しいことじゃないのよ。
ー少しだけ寂しくなったかも知れないけど、
ーけど、大丈夫。悲しくはないから。
 きみの強さが羨ましくもあり、
 きみの強さを危うくも感じる。
 だから、その中にぼくも入れて欲しいな。
 そんなぼくにきみは言う。
ーもしもし、大丈夫だから。

Advertisements

Written by ken1

2015/12/27 at 18:40

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: