風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #428

leave a comment »

 少し値の張る赤ワインを準備したらしい。
 昼間からアルコールですか。
 バルコニーに椅子を出し、テーブルには純白のクロスを掛ける。
 夏の陽射しの中でよく冷えた白ワインを飲むことはあっても、
 まだ2月の今日、バルコニーでグラスを傾けるとは思ってもいなかった。
ーお祝いだから。
 きみがアルバムをテーブルに広げる。
 ぼくは頷き、その写真を覗き込む。
ーこれからもよろしくね。
 こちらこそ。
ーゆっくりでいいの。
 なにが。
ーとにかく前に進んでいれば。
 きみはワインが注がれたグラスを持ち上げる。
ーそれでいいの。
 ぼくもグラスを持ち上げる。
ーもしもし。
 きみはその先、言葉を続けない。
 季節外れの暖かさ。
 赤ワインを通った陽射しが、少しだけクロスの色を桜色に染める。

Written by ken1

2016/02/28 @ 18:38

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。