風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #437

leave a comment »

 この子は僕らの4倍の速さで生きているんだね。
「きっと感受性も4倍なんじゃないかな。うれしいとか、さみしいとか、ね」
 そばにいて欲しいとか、遊んで欲しいとかも?
「どうでしょうね。でも、わたしもそうよ」
 きみも4倍の感受性?
「もしもし?気づいてないのかなぁ。わたしは2倍くらい。」
 きみはぼくのひざもとの仔猫を撫でた。
「あなたと一緒にいたいって、いつもあなたの2倍くらいは思ってる。」
 きみの眼差しが「あなたはどうなの?」と聞いている。
 ぼくもひざもとの仔猫を撫でて、でも気づかないふりをする。

Advertisements

Written by ken1

2016/05/01 at 19:00

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: