風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #438

leave a comment »

 その人に会いに行った。
 テーブルの上に広げられたたくさんの懐かしい写真。
 写真に写ることが少なくても、集めるとこんなにもあるものなのかと、
 その人の顔を見ながら思った。
 釣りもやってたんですか。
 どんなに付き合いが長くても知らないことはあるもんだな、
 知らないことがまだまだ出てくるのかなと、
 その人の顔に聞いてみた。
 ずっとその人の顔を見ていたぼくにきみが聞いてくる。
「もしもし、これはあなた?」
 うん、出会ってすぐの頃のぼく、若いでしょ。
 ぼくは照れ笑いを浮かべ、またその人の顔を見る。
「でも、あなたと一緒に写ってる写真がないね」
 今となっては残念だけどね、
 どちらかが写真を撮っていたってことさ。
 そうですよね、とぼくは遺影のその人の顔に確認をする。
「じゃあこれはあなたのカメラに向かって笑っているのね」
 きみのその言葉を聞いて、なぜだか目頭が熱くなった。
 ぼくが写真を始めたルーツがここにあるのかも知れない。
 その人の笑っている顔を見て、そう思った。
 

Advertisements

Written by ken1

2016/05/08 at 19:53

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: