風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #439

leave a comment »

ーよく出てこれたね。
ー呼びつけておいて、これだから。
ーこの時期忙しいでしょ。来れるって聞いて半信半疑だったから。
 きみも赤ワインをグラスで頼んだ。
 赤ワインだから、グラスが触れ合わないように互いに傾ける。
ーよほどのことでしょ、急に呼び出すなんて。
ーでも、わたしでよかったのかな。
ーわたしを呼び出してくれて、ありがとう、かな。
 きみはそれなりに間を空けながら、ぽつりぽつりと静かな空気を埋めてくれる。
「マスター、この曲かけてくれる?」
 マスターは黙って頷いて、ぼくのiPodを受け取ってくれた。
ー今年に入って何人めだろう。今日また一人、大好きな人がいなくなった。
 店内にPPMの曲が流れる。
ーもしもし。今夜は好きなだけ飲みなさい。
 ぼくの代わりなのか、きみが泣いていた。

Advertisements

Written by ken1

2016/05/15 at 23:12

Posted in info

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: