風、空、きみ

talk to myself

Archive for 6月 2016

きみのもしもし #445

leave a comment »

「昨日はね、変えられないのよ。デロリアン号を作らない限りね」
 きみが訳知り顔で言葉を続ける。
「そしてね、明日のことはね、誰も分からないの」
 デロリアン号がない限り?
「そうよ」
「だから、昨日のことを悔やんでも仕方ないし、そんな時間はもったいないの」
「明日のことを心配しても、何かとんでもないことが起こるかも知れないし」
「だから今日なの」
「今日を笑顔で一生懸命楽しむとね」
「明日には今日が充実した昨日になって、明日が楽しい今日になるの」
「もしもし、聞いてる?」
 うーん、デロリアン号作ろうかな。
「それもいいと思う。でも、それは今日からやってね」
「すると今日が充実するから」
 今回はどんな本を読破したんだろうね。
 読破するたびにきみは楽しそうに話してくれる。

Written by ken1

2016/06/26 at 19:50

カテゴリー: 未分類

きみのもしもし #444

leave a comment »

 きみの驚いた顔が面白かった。
 びっくりさせたのは申し訳ないけど、
 つい、大きく笑ってしまった。
「失礼ねっ」
 と言いつつ、きみも笑い出している。
 やっぱり、きみの笑い顔はいいな。
 出されたハイボールをきみと軽く重ね、
 まじまじときみを見る。
「会うたびに何かサプライズを持ってくるのね」
 きみもハイボールを口にする。
 今夜のきみは飲みっぷりもいい。
 やはり今夜はきみに会って正解だな。
 ぼくもきみに習ってゴクゴクと喉を潤す。
「ねぇこの後、どこか行かない?」
 いいねぇ。
「もしもし、でも変なこと考えちゃダメよ」
 きみの勘は少しだけ鋭い。
 まぁ今夜はいいか。
 きみがここにいて、ぼくとお酒を酌み交わす。
 それだけで十分なんだろうな。
 ぼくらは早くも空になったハイボールのお代わりを頼んだ。

Written by ken1

2016/06/19 at 20:24

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #443

leave a comment »

ー珍しいね。
 と、きみが返信してきた。
 そう言えば、そうだね。
 と、プルを開けたビール缶を見ながら答える。
 確かに自宅でビールは珍しいな。
 外でビールを飲むときも最初の一杯だけがいつものパターン。
 続きはビール以外。
 一人だとそのビールも頼まず、大概ジントニックから始める。
 そしてマティーニのオンザロックに移る。
 自宅だと、休日の暑い午後はベランダでジンをオンザロックにする。
 そろそろそんな季節か。
 キンキンに冷やしてとろりとしたジンが本当なんだろうけど、
 なぜだろう、オンザロックにしてしまう。
ーもしもし、普段のそんな飲み方も褒めやしないけど、
 きみの文字間から何やら呆れ顔が見て取れる。
ーいつもと違うってことは、いつもと違うってことよね。
 そして、呆れ顔の向こうには心配顔が見え隠れする。
 大丈夫だよ。ジンが切れてるだけだから。
ーなら、いいんだけどさ。
 どうしてそんなにいい勘してるんだろうね。
 でも、ほんと大丈夫。
 ぼくは飲み干したビール缶を軽く潰した。

Written by ken1

2016/06/12 at 22:47

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #442

leave a comment »

「ほら、そこ」
 きみが視線で指し示す。
 何がそこにはあるんだろう。
 何がそこにはいるんだろう。
「よく見て」
 新緑の木立の中に同化するように何かいる。
 ほー、なるほど。
「静かにね。気づかれたら飛んでいっちゃうかも」
 きみの視線の先にあるものが動いた。
 ぼくらに気づいたのではなく、
 枝葉の中にちょっとした虫でも見つけたのだろう。
 ちょんちょんっと枝葉を移動した。
「もうこの時期になると鳴かないのね」
 これよりもこんなに近くにいるんだね。
「もしもし?知らなかったの」
 きみは少し驚いたようにぼくに振り向く。
「毎年春先にはここいらでも鳴いてるよ。ホーホケキョって」
 きみとのそんなやり取りに気づいたのか、
 一瞬ぼくらを見るような仕草をして、
 そのウグイスは飛び立った。

Written by ken1

2016/06/05 at 13:51

カテゴリー: kiss

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。