風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #448

leave a comment »

 覚えてたはずなのに。
 ベッドで身体を横にしながら、考える。
 夜中に喉が渇いて、目が覚めた。
 ぼくの手に重なっているきみの手をそっと降ろし、キッチンに行った。
 冷蔵庫の中のブリタのボトルから、よく冷えた水で喉を潤し、
 そこで何かいいことを思いついた。
 きみにとってとってもいいことが閃いた。
 メモに取ろうかとちょっとだけ悩んで、
 いつもだったらすぐに走り書きするのに、
 こんなにいいことだ、忘れるはずないな、
 とタカをくくって、ベッドに戻った。
 だめだ、思い出せない。
ーもしもし、もう起きるの?
 きみがまたぼくの手に手を重ねてくる。
 きみの手はほんと柔らかい。
 忘れてしまったことも忘れさせてくれる。
 きみの寝息が聞こえる。
 ぼくももう一回寝ようかな。

Advertisements

Written by ken1

2016/07/17 at 11:04

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: