風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #470

leave a comment »

 懐かしいカウンターで少し酔いが回ったぼくは、
 きみの横顔を見つめる。
 つき合い始めた頃は、こんな場でもさりげなくキスしてたものだなと。
 そんなことも思い出しながら、グラスに手を伸ばす。
「もしもし、なぁに」
 ぼくの思いに気づいたのか、
 きみははずかしそう、でもうれしそう。
 きみもグラスに手を伸ばし、ぼくのグラスに重ねた。

Advertisements

Written by ken1

2016/12/18 at 18:22

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: