風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #475

leave a comment »

「あのときどうしてわたしに電話して来たの?」
 懐かしい話を改めて確認しようとしているのかな。
 きみの「もしもし」が聞きたくなってね、
 とは何だか言いづらい。
 だってきみの「もしもし」に対する思い入れは、
 きみには伝えていないから。
 きみは気づいているだろうけど、
 ぼくはこれからも伝えることはないだろう。
「ぼくは誰かに電話せずにはいられなくて、
 だからきみを選んだんだ。」
 しばしの沈黙。
「もしもし、それってStarmanだよね」
 おや?簡単に分かってしまうものなんだね。
ーまったくあなたって。
 と言うきみの表情が電話越しに見えるようだ。
 

Written by ken1

2017/01/22 @ 19:03

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。