風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #475

leave a comment »

「あのときどうしてわたしに電話して来たの?」
 懐かしい話を改めて確認しようとしているのかな。
 きみの「もしもし」が聞きたくなってね、
 とは何だか言いづらい。
 だってきみの「もしもし」に対する思い入れは、
 きみには伝えていないから。
 きみは気づいているだろうけど、
 ぼくはこれからも伝えることはないだろう。
「ぼくは誰かに電話せずにはいられなくて、
 だからきみを選んだんだ。」
 しばしの沈黙。
「もしもし、それってStarmanだよね」
 おや?簡単に分かってしまうものなんだね。
ーまったくあなたって。
 と言うきみの表情が電話越しに見えるようだ。
 

Advertisements

Written by ken1

2017/01/22 at 19:03

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: