風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #476

leave a comment »

「ねぇ、あなたは良い人?悪い人?」
 きみが小首を傾げている。
 さぁどうだろう。
「悪い人ではないと思うけど。」
「んーっ、じゃあ、あなたは魅力的な人?退屈な人?」
 そうだなぁ。
「退屈な人にはなりたくないなとは思っているよ。」
「そうよねぇ。やっぱりあなたは無難な人生を歩んでいるのかなぁ。」
 ぼくなりの人生をただ歩んでいるだけだと思うけど。
 混んできた店内、カウンターで横に座るきみは残りのカクテルを
 一気に飲み干して、
「でも、それがあなたなんだものね。」
 そう言うと腕を組んできた。
「もしもし、わたしのことはどう思う?」
 ほんのり赤くなったきみの頬が愛らしかった。

Written by ken1

2017/01/29 @ 18:45

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。