風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #477

leave a comment »

 明け方、きみが夢に現れた。
 初めてではないし、いつものことなのかも知れないけれど、
 今回のきみは微妙な表情をしていた。
 目覚めたとき、そんな気がした。
 目覚めたのは04:30、枕元のスマホで時間を確認した。
 それからずっと寝付けず、
 朝日がカーテンを照らしてくれるのを待った。
 それでもきみはきっと寝ているんだろうから、
 しばらく時計の針が進むのを待った。
 ストーブをつけ、珈琲を入れた。
 もうそろそろいいかな。
 電話にするかLINEにするか、
 少し迷っていると、
 スマホがきみからの着信を告げた。
「もしもし、変わったことない?」
 きみの夢にもぼくが現れたようだ。
 二人してそれぞれの窓から朝日が昇るのを見ていたことになる。
「いつもと同じ朝だよ」
 安心したきみの吐息がスマホ越しに聞こえた気がした。

Advertisements

Written by ken1

2017/02/05 at 18:28

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: