風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #479

leave a comment »

 久しぶりの失態だった。
 滅多にそんなことはなかったし、
 あってもきみに迷惑をかけるようなことはなかった。
 自分ではそう記憶している。
「あなたはそう思ってるかも知れないけどね」
 きみは意味深に笑っている。
 ほんとは怒ってるのかなぁ。
 いや、呆れてるんだろうなぁ。
 友だちと軽く飲んで、
 きみを部屋に待たせといて、
 電車乗り過ごして、
 戻りの終電なくして、
 タクシーで深夜の帰宅。
 きみは一人で何をしていたんだっけ。
 それすら記憶にない。
「もしもし、だからね」
 きみは意味深に笑っている。

Written by ken1

2017/02/19 @ 22:36

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。