風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #483

leave a comment »

 カフェで互いに向き合って、
 きみがぼくの良いところを箇条書きにしている。
 ぼくもきみの良いところを箇条書きにしている。
 どちらからともなくときおり顔を上げ、
 相手の表情を見る。
 相手の仕草を確認する。
 相手の全身を見る。
 そしてまたテーブルの上の紙にペンを走らせる。
 コーヒーを一口、口につけ、
 きみを見る。
 たくさんの箇条書きができるきみはそれだけ
 ぼくを見ていることになり、
 それだけ良い点に気づいてくれる良き理解者ということになる。
 でも、箇条書きの数だけぼくはきみにとって良い点を多く持っていることにもなって、
 さて、見つけ出すきみが偉いのか、
 そもそもそれだけの良い点を持っているぼくが偉いのか。
 少しの間、そんなことを考えていた。
「もしもし、また理屈っぽいこと考えてたんでしょっ」
 顔を上げたきみが笑っていた。

Advertisements

Written by ken1

2017/03/20 at 00:45

Posted in kiss, 未分類

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: