風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #485

leave a comment »

ー手をつなげば。
 とうとつに、きみが切り出した。
ーもっと顔寄せて。
 きみがぼくにそう手招きをする。
 顔を少しだけ寄せると、すぅーときみはぼくの耳元に唇をつける。
 そして、つぶやく。
ー手をつなげば、こわくないから。どんなことも、大丈夫だから。
 あのとき、そう、耳の奥に言葉を残した。
 残された言葉は今もたまに蘇る。
 躊躇しているときに、困っているときに、誰かに後押しをしてもらいたいときに、
 そんなときに、ふっと聞こえてくる。
「もしもし、ぼぉーとしてないで手をつなごっ」
 きみは今もそう話しかける。
 桜の季節、あのときのきみを思い出した。

Written by ken1

2017/04/02 @ 18:07

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。