風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #493

leave a comment »

 久しぶりに訪れたこの境内の木陰で涼んでいると、
 ぼくに一台の赤い自転車が向かってきた。
 そう言えば、きみは自転車を買ったと言ってたな。
 それも赤い色にしたと。
 ぼくはそよ風の心地良さを感じながら、
 さっき渡された9番のおみくじを開いた。
「もしもし。また大吉なのかな」
 聞き慣れた声が前方から聞こえる。
 自転車からきみが降りる。
「大吉でも大凶でもいいじゃん」
 そして微笑んで近づいてくる。
「あなたがここにいることに意味があるのよねぇ」
 そう言って、きみはぼくの隣に腰かけた。

Written by ken1

2017/05/28 @ 19:57

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。