風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #495

leave a comment »

 窓ぎわで日向ぼっこをしているきみ。
 もう春も終わって、陽射しは夏に向かっている。
ー暑くないのかな。
 ぼくはきみのじゃまにならないよう、心の中で話しかける。
 きみは音にならないぼくの声が聞こえたように振り返る。
ー確かにちょっとだけ暑いけど、日向ぼっこは大切なのよ。
 と、目配せをする。そんな気がした。
「ホットコーヒー頂戴」
 おや?想像は違ったね。
「もしもし、ホットだからね」
 そんなきみは額にすこしだけ汗をかいていた。

Advertisements

Written by ken1

2017/06/11 at 01:02

Posted in kiss, 未分類

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: