風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #504

leave a comment »

 きみが入院した。
 大したことはないので、お見舞いは無用だと言う。
 入院している顔を見せたくないのもあるだろう。
 でも、ぼくとしてはそうもいかず、MINIに乗り込み病院に行った。
「来なくていいって言ったでしょっ」
 やはりきみは少し怒っている。
 それも承知だ。
 途中で急ぎ買ったきみの好物の和菓子を差し出した。
「ごまかしてる」
 でも、少しだけきみの表情が緩んだ気がした。
 和菓子を口にしたきみは少しずつ饒舌になった。
 大したことなくても、
 入院はやっぱり寂しいよね。話し相手は必要なんだよ。
 ぽくはきみのおでこに手をつけた。
「もしもし、違うと思うんですけど」
 きみに笑顔が戻った。

Advertisements

Written by ken1

2017/08/13 at 17:42

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: