風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #505

leave a comment »

 突然の雷雨は、みんなが楽しみにしていた今年の花火大会をないものにした。

 不思議とここの花火大会は毎年直前に大雨に見舞われる。
 しかし、打ち上げ開始時間の30分前には何事もなかったかのように雨雲は去り、
 「ほら」「やっぱりね」と言いながらみんな河川敷を目指す。
 そして花火大会は毎年開催されてきた。

「今年の大会委員さんたちはすごい英断をしたのよ」
 早々と大会中止の知らせを耳にしていたきみは、
 会場近くのワインバーの席を確保し、ぼくを招き入れた。
「ひとつ判断を間違うと、みんなの思いの行き場がなくなって大変だもの」
 ぼくが到着するまでにワインが進んでいるようだった。
「今まで中止ってなかったから、前例作っちゃったし」
 ほんのりと頬も赤い。
「ほら、今年は結局雨は上がんなくて」
 きみは窓ガラスを濡らす雨を指差す。
 そのきみの爪は打ち上げ花火模様に彩られていた。
 ぼくは綺麗に彩られたその爪に、
 きみがどれだけ花火大会を楽しみにしていたかを知らされる。
「もしもし、どこ見てるのぉ」
 来年はきみの思いが、そしてみんなの思いが、空に届きますように。

Advertisements

Written by ken1

2017/08/20 at 19:30

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: