風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #506

leave a comment »

 ずっと眠らせていたカメラにフィルムを入れた。
 フィルムを入れるのにひと工夫必要な、1950年代のそんなカメラだ。
 いつでも目につくようにデスクの上、右斜め前に置いていた。
 そのカメラのシリアルナンバーをあるサイトのハンドル名にしている。
 そのくらい愛着のあるカメラ。
 そのカメラの埃をきれいに拭き取り、フィルムを入れた。
 昨夜のそんなぼくを見ていたきみが、今朝楽しそうに聞いてくる。
「どちらにお出かけ?」
 いい表情だ。
 きみの問いに答える前にぼくは準備の整ったそのカメラを手に取り、
 ファインダー越しにきみを見た。
 ピントを合わせる小窓、構図を決める小窓、ふたつの小窓を持つカメラ。
 いつもよりシャッターを押すまでにほんのちょっとだけ時が必要。
「もしもし、懐かしいね」
 うん。
 かつてはこのカメラでどれだけの枚数、きみを撮ったことだろう。
 ファインダーの向こうに付き合い始めた頃のきみがいた。

Advertisements

Written by ken1

2017/08/27 at 19:36

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: