風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #507

leave a comment »

 クローゼットの中を整理していたら、もう一つ、懐かしいものが出てきた。
 親父から手渡されたポラロイドカメラ。初代だと言っていた。
ーちょと出てくるね。
 そしてぼくは最近また発売され始めたポラロイドフィルムを買って帰ってきた。
「また思いつきでそんなの買って来て」
 きみは少しだけあきれた顔をする。
 思いつきもね、それを機に継続させると思いもよらないものに化けることがあるんだよ。
 どう化けるかは先になってみないと分からないけどさ。
 ぼくの計画、それは週に1枚きみをポラロイドに納める。
 5年後10年後、相応の枚数のポラロイド写真がきみとぼくの間に存在する。
 想像するだけでも、なんだかワクワクするね。
「もしもし」
 ん?
「あなたが続けられればね」
 きみはうれしそうに微笑んで、腰に手を当てポーズをつけた。

Written by ken1

2017/09/03 @ 21:49

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。