風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #514

leave a comment »

「またすぐ会いたいと思う?」
 ぼくの前のシートに座っているきみが、
 立っているぼくに顔を近づけさせ、
 そっと耳打ちしてきた。
「またすぐ会いたいと思う?」
 お酒が回っているきみの頬はうっすらと赤く、
 そして潤んでいる瞳とその問いかけに、
 ぼくは照れてしまう。
「もしもし、わたしはね」
 そう言ってきみは立ち上がり、ぼくにシートを譲る。
 そうか、ここはきみの降りる駅だね。
 きみの代わりに座ったぼくに、
 きみは顔を近づけて、
「ずっとそう思える二人でいようね」
 きみは笑って電車を降りた。

Written by ken1

2017/10/22 @ 20:04

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。