風、空、きみ

talk to myself

Archive for November 2017

きみのもしもし #519

leave a comment »

 同じようなことをなんど感じても、
 同じようなことをなんど思っても、
 そして、そのことをどうしてもきみに伝えたくて、
 同じようなことをなんども伝えてきたはずなのに、
 それはきっと同じことなんだろうけど、
 やっぱり今夜もきみに伝えたくなって、
 こんな夜中なのにきみに電話をしました。
 そんなぼくにきみは
「もしもし」
 とだけ口にします。
 ぼくはなぜだか何も言えなくなり、
 なにも伝えられないまま、
「うん」
 とだけ口にします。
 するときみは少しだけ間をおき、
「ありがとう」
 と言ってくれます。
 ぼくはやはりなにも言えず、
「ぼくのほうこそ」
 とだけ伝えます。

Advertisements

Written by ken1

2017/11/25 at 01:41

Posted in kiss

きみのもしもし #518

leave a comment »

 いつまでもそばにいるようで、
 いつでも声がきけるようで、
 そうではないと、たまに気づいたり、
 気づいたのに、気づかなかったふりをして。
 きみの好きな食べもの。
 きみの好きな花。
 きみの好きな写真。
 いくつ覚えてるかな。
 いつまで覚えてられるかな。
 丸まって寝息をたてているきみを見ていて、
 ぼくは思う。
 いつまでも仲睦まじく、
 いつまでも笑顔で、
 いつまでも楽しい会話ができるといいね。
-もしもし。
 今夜はぼくからきみへもしもし。
 いつまでも側にいるから。

Written by ken1

2017/11/19 at 19:51

Posted in kiss

きみのもしもし #517

leave a comment »

 きみを笑顔にする魔法の呪文なんて知りません。
 この頃はすぐに夜になっちゃうし、
 今夜もそんなに時間に遅れていないのに、
 少しだけ気が急いてしまいます。
 でも、少しでも早くきみの顔を見るために、
 少しでも長くきみと一緒にいるために、
 さぁ、きみに会いにいきます。
 もう少しだけ待っていなさい。
ーもしもしぃ、返信はいいから、早くおいでよ。
 やはりきみは待ちわびているようで、
 それはそれでうれしいものです。

Written by ken1

2017/11/12 at 18:36

Posted in 未分類

きみのもしもし #516

leave a comment »

 例えば、1枚の写真を撮るのに1/100秒だとして、
 300枚の成功した写真を撮るには、たったの3秒。
 でもそれだけの成功した写真を撮るために費やす「時」はどのくらいなんだろう。
 どのくらいの「時」と向き合うんだろうね。
「知ってるよ、その話」
 うん、有名だものね。
「そのフランスの写真家さんは50年かかったのよね」
 そう、彼は50年かけて3秒。
「写真の前に人生があるって言ってたね」
 難しいなぁ。ピンと来ないや。
「いいんじゃない。気に入った写真が1枚でも撮れれば」
 うん、それが2枚、3枚と増えていきますように。
「もしもし、その中の1枚にわたしを必ず入れること」
 ぼくはなんだか照れくさくなり、
 きみはぼくの手を取って、
 そしてぼくらは写真展を後にした。

Written by ken1

2017/11/05 at 18:54

Posted in kiss

%d bloggers like this: