風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #519

leave a comment »

 同じようなことをなんど感じても、
 同じようなことをなんど思っても、
 そして、そのことをどうしてもきみに伝えたくて、
 同じようなことをなんども伝えてきたはずなのに、
 それはきっと同じことなんだろうけど、
 やっぱり今夜もきみに伝えたくなって、
 こんな夜中なのにきみに電話をしました。
 そんなぼくにきみは
「もしもし」
 とだけ口にします。
 ぼくはなぜだか何も言えなくなり、
 なにも伝えられないまま、
「うん」
 とだけ口にします。
 するときみは少しだけ間をおき、
「ありがとう」
 と言ってくれます。
 ぼくはやはりなにも言えず、
「ぼくのほうこそ」
 とだけ伝えます。

Written by ken1

2017/11/25 @ 01:41

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。