風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #527

leave a comment »

 クローゼットの中から、きみが見つけて来たもの。
 それがまたきっかけのひとつとなった。
 きみが見つけて来たものは、結局そのままきみに預けたけれど。

「なつかしいものを見つけたね」
「使わないとかわいそうでしょ」
 きみはそう言って、それをぼくに差し出す。
「もしもし。最近、風景をブックマークしてる?」
 しているつもりのぼく。
「なつかしいキャッチコピーだね」
「そうじゃない。以前はもっと枚数多かった気がします」
 きみはそう言って、それをぐいと差し出す。
「これポケットに入れてた頃なんて、呆れるくらいに撮ってたじゃん」
 言われてみれば、そうかも知れない。
 いや、そのとおりだな。
「でも、その気にさせるいいキャッチコピーだったね」
 そうだね。その気は大事だな。確かに毎日ブックマークしてた。

 そして今ぼくは手持ちの小さなコンデジを毎日持ち歩く。
 あの日、手のひらサイズのデジカメを手にしたときと同様に。

Advertisements

Written by ken1

2018/01/21 at 20:46

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

%d bloggers like this: