風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #528

leave a comment »

もっと話せばよかったと。
あのとき、もっともっと話せばよかったと。
うぅん、もっともっともっと、かな。
きみがそんなことを口にする。
大丈夫、ここにいるから。
そんな言葉は気休めだと、きみは首を横に振る。
そう言えば、最近は曇天ばかりだ。
寒空、曇天。空気が空高くまで澄みきっていた記憶がない。
そんなとき、きみは少しだけナーバスになる。
気休めかも知れないけどさ、
でも確かに今ぼくはここにいる。
ここにいてきみと話をしている。
だから、もっと話をしよう。
ねぇ、そうしよう。
きみは幼い子供がうなずくように、
今度は首を縦に振る。
もしもし、あのね。
うん、そうだね。
ぼくらはゆっくりと話し始めた。

Written by ken1

2018/01/28 @ 18:33

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。